スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | permalink | - | -
HGUCGMスナ2 その18
足首関節周りの工作。

スネの傾きに沿ってアンクルアーマーを傾けるためフレームに1軸追加して独立可動化。
アキレス腱カバーはアップ画稿を参考にしつつプラ材から製作。


切り離したフレーム前部は90度回転させ、軸を切り飛ばした角PCをはめ込み。

フレーム後部には軸を追加、後端面はアキレス腱カバーを取付けるため垂直に削り落とし。


フレーム可動軸は片持ち支持で十分だと思いますが、アキレス腱カバーの追加により前後から挟み込んで両持ち支持のように見えるので、見かけ上の安定感もUP。



アンクルアーマー自体の形状もアーカイブ版をもとにアレンジ。

ちなみにアーカイブ版のスリッパはかかと後ろのテーパーや上面のスロープがありませんが、ブチデザインのルード感を残してみたかったのであえていじらず。

| HGUCGMスナイパー2 | permalink | comments(2) | trackbacks(0)
HGUCGMスナ2 その17
膝関節周りを充実。
腿側面下端は水平になるようにカット。
膝関節フレームと接する面を削り、フレームを取り囲むように0.5mmプラ板で1段設ける。
膝は90度くらい曲がれば上出来。


膝関節後ろもプラ板で隙間埋め。

このようにプラ板を貼っているだけ。
この工作だけなら可動域はあまり制限されないのでオススメ。


先送りにしていた腿上部のフレーム隠し。
全周をカバーすると腰回りがゴツくなるので、アーマー隙間から目立つコーナー部のみ上方へ延長してみた。

| HGUCGMスナイパー2 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
HGUCGMスナ2 その16
ガセットはプラ板でシャープに作り直し。

ふくらはぎとのフィッティングはセロテープでパーツ表面を保護してポリパテをムニュ。
パテ硬化後に剥がして整形。

ユニット両側面の台形凹モールドも追加。

| HGUCGMスナイパー2 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
HGUCGMスナ2 その15
間違い探しレベルで微妙に進行中。

ふくらはぎ下のくびれから足首につながるラインを削り込み修正。
アキレス腱側は垂直にストンと落ち、広がり始めた辺りで終わっている感じで。

スラスターユニット両サイドのガセットはとりあえずエポパテで。
バーニアはバックパック同様にBSバーニア ショート6mm。


ふくらはぎ前方の三日月型(?)プレート。
スネ周りは装甲の重なり具合が肝なので、プレートがねじれないように取り付け面を調整しつつ膝アーマーとピッタリ噛み合うように。
| HGUCGMスナイパー2 | permalink | comments(2) | trackbacks(0)
HGUCGMスナ2 その14
スネパーツ改造中。

側面のブチ穴は活かしつつ、各部削り込んだりプラ材を足したりして画稿に近づけて行ってます。

| HGUCGMスナイパー2 | permalink | comments(2) | trackbacks(0)
HGUCGMスナ2 その13
膝周辺の面の辻褄合わせを終え、自作したガセットプレートを取り付け。
ガセットプレートは工業製品感を出すため左右対称の五角形に。


組み付け状態。

| HGUCGMスナイパー2 | permalink | comments(4) | trackbacks(0)
HGUCGMスナ2 その12
プラ板箱組みで作ったダクトを埋込み。

| HGUCGMスナイパー2 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
HGUCGMスナ2 その11
マスター〜版デザインで特徴的なスネの工作。
膝はG30thのパーツをゲージとして利用することに。
R0023914.JPG
GMスナ2のスネパーツと合わせるため裏側を平らに削る。


キットパーツの不要部をハイパーカットソーで切り離し。
R0023915.JPG


載せてみる。
R0023919.JPG


やや幅が足りないので中央で1mm幅増し。
下部はダクトの入る傾斜部の削りしろ確保のため2mm延長。
R0023920.JPG


アウトラインは出たので各面の辻褄合わせとディテールの追加へ。
R0023921.JPG


| HGUCGMスナイパー2 | permalink | comments(3) | trackbacks(0)
HGUCGMスナ2 その10
フンドシとフロントアーマー形状修正、手首カバー製作。



フロントアーマーは増加装甲上部の角度を変更。
R0023896.jpg
装甲表面の凸部も0.3mmプラ板で再現。


フンドシ部はノコで割って下からクサビをかませてアウトライン変更。
R0023898.jpg
上部の階段状の部分は切り離して0.5mmほど下げる。


手首カバーは1mmプラ板から製作。
R0023900.jpg

| HGUCGMスナイパー2 | permalink | comments(3) | trackbacks(0)
HGUCGMスナ2 その9
バックパック続き。

マスターアーカイブ版デザインをもとに若干アレンジを加えてスクラッチビルド。
メインスラスターにはHIQパーツ製BSバーニア ショート6.0mmを使用。

| HGUCGMスナイパー2 | permalink | comments(2) | trackbacks(0)
AX
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
WEB ALBUM
2012y01m01d_023942718.jpg
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE

モバイル
qrcode






SPONSORED LINKS