スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | permalink | - | -
HGUCグフカスタム その32
モノアイ消灯状態での画像でプロポーションをチェック。

モノアイをギンギンに発光させて撮影すると、目の経がわずかに大きく見えてしまって頭身が変わって見えるのです。
直径を0.2〜3mm小さくマスキング、周囲を黒塗装でもう少しモノアイ小型化して調整したほうが写真写りがイイかも。。



斜め前からのアングル。

グフカスはヒザパーツの黒い面積が大きいので、サフ時と塗装後はそこらへんの見た目のバランスに影響すること前提で。

頭内部のコードや動力パイプのテンションで頭部が若干浮いてしまっているので、コレも要調整ですね。
あとやはり、装備無し状態だと左前腕ハードポイントの出っ張りが目立つので、ここ削り落としたものと2つ用意したほうがいいかな。
| HGUCグフカスタム(ヴァイスローゼ) | permalink | comments(8) | trackbacks(0)
HGUCグフカスタム その31
ズウンズウン・・・

「お待たせした」

傷埋めとか電源スペースの工作がまだ残ってますが、塗装まであと一息。



スクラッチした直付けシールドマウント部。
劇中では3連マシンガンを介してシールドをマウントしていないので、おそらくこのような状態ではないかと。



ガトリングガン装備状態。
劇中では出てきませんが、B3グフ標準仕様ということで。




サフ状態で素組みと比較。

一番最初はいじる余地ないほどカッコイイと思ったけど、あらためて並べてみると「あれ?こんなんだっけ?」と。
今回フツーで自然なカトキラインを目指して微調整していったらこうなってたって感じで、改造した自覚が無かったり。
| HGUCグフカスタム(ヴァイスローゼ) | permalink | comments(10) | trackbacks(0)
HGUCグフカスタム その30
ヒートサーベル刀身カバーをスクラッチ。



「ギレン暗殺計画」第2巻登場時のコレ。
首都防衛大隊の演習時に、身の程知らずの親衛隊所属の兵士が煽ってくるシーン。
左手のヒートサーベルに注目。
R0022142.JPG
漫画ではカットごとにディテールが異なるので、スマートに見えるように多少アレンジしてます。


0.5mmプラ板を1枚現物合わせで切り出し、それをガイドに4枚作ってディテールを入れていきます。
みね側のホルダーは、2点支持では刃に負担がかかりそうなデザインなので、プラストラクトのC型鋼を渡して挟み込むようにしました。
R0022136.JPG


パーツ構成。
R0022138.JPG


R0022140.JPG



R0022141.JPG
刃先が突き出ていたり、全体を覆っていないところを見ると、単なる刀の鞘というよりは、搬送時のエッジの保護も兼ねたウォームジャケットのような装備なのかな。
スタンバイ時に温めておいて、溶断攻撃に適した温度に移行するまでの時間短縮、また寒冷地での霜付きを防止し機器への負荷を減らすため、とか。

というわけで、カバー内部には刀身の両側にブレード状のヒーターが入っていることにして、少し厚めに作ってみました。
雰囲気でたかな?
| HGUCグフカスタム(ヴァイスローゼ) | permalink | comments(8) | trackbacks(0)
HGUCグフカスタム その29
サフ前の細かな修正など。

3連ガトリングはバレル3本がつながった状態で整形されているので、間を切り離して整形。

砲口はエッジを立ててみました。
3本のバレル内に各3本のガンバレルが内蔵されているようなので再現しても面白いかと思ったけど今回はパス。
それにしてもこの武器は内部の給弾システムがかなり複雑なことになってそう。


センサーユニットは目を引くポイントなのでディテールアップ。

レンズ周囲はUバーニアで2重に。
2つとも慎重に底をくり抜き、クリアパーツに奥行きを持たせてます。
ユニット本体はコトブキヤガトリングとリベットの組み合わせ整形、支柱はキットのものをカットして真鍮線で接続。

最近、市販パーツの形がそのまま残ってて、「あぁ、アレ使ったんやな。」と思われるのが耐えられんのです。次の患者さんどうぞ。



サーベルの鍔部は薄っぺらい感じがしたのでプラバンを貼って整形。
柄の丸穴も開口してます。


モノアイをHアイズ(平らな方が前!)埋め込んでツライチになるまで削り込む。

また、チップLEDが埋め込まれようとしているぞ。
電源とSWの場所どーなる?こーなる?
| HGUCグフカスタム(ヴァイスローゼ) | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
デカール用画像
明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。2011年元旦

お年玉として自作デカール用画像をUP。


| HGUCグフカスタム(ヴァイスローゼ) | permalink | comments(4) | trackbacks(0)
HGUCグフカスタム その28
休みモードでちょっと異常な眠気と食欲が。

年内に完成せなんだグフカスはスパイクアーマーにスジ彫り。
フチ部分は別体部材な解釈で。




ヒートサーベルは先を尖らせて刃のテーパーをシャープに削り。

手間はかかりますが、やるだけの効果はあるので地道に削ります。
二刀流なので二本用意したけど、コミック三巻で装着しているサーベル防護カバーは今回はスルー。



今年は(エントリ数のわりに)完成品は不審船+ミサイル艇とF2ザクのみですが、お忙しい中、多くの方にご訪問&コメントいただき、まことにありがとうございました。
F2ザクは、blog開設以来ダントツで頂いたコメント数が多く、F2ザクというアイテムに対しての、かなりの関心度の高さが感じられました。
今年は引越しで住環境が改善され、時間的な余裕もできたのですが、製作環境としてはまだ充分整っているとは言い難いので、来年は照明や道具の配置などももう少し考えて、作業性を上げていきたいと思います。
| HGUCグフカスタム(ヴァイスローゼ) | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
HGUCグフカスタム その27
シールド基部はプラ板でスクラッチビルド。
3連ガトリングガンを介した接続時よりも腕に密着させたいのですが、ヒートサーベルを収納したときに柄が肩に干渉しない程度には浮かせるように作りました、ハンドルはあえて排しております。




裏側。ガトリングシールド時に使うラッチに引っ掛けて安定させるため、ツメを設けている。




マウントするとこんな感じ。
キットパーツ自体は加工していないので、ガトリングシールドに換装する事も可能。

| HGUCグフカスタム(ヴァイスローゼ) | permalink | comments(16) | trackbacks(0)
HGUCグフカスタム その26
二刀流のため、もう1個買ってきたついでに素組みと比較してみる。

キット自体に大きな問題はないので、改造というより、オーディオでいうマスタリング作業といった趣き。
素材は殺さず、EQでバランス取ってプレビュー繰り返し、コンプでツブ揃えてチト迫力出しますよみたいな。




やはり頭部の形状変更が著しくイメージを変えているなー。
グフカスはモノアイスリットは上下に潰すより、前後に狭くしたほうが設定に似るような。
今回詰めた鼻っ面の長さも、頭部に占める顔面の割合にかなり影響するのがわかる。




おうちdeデカールに反転印刷。ここまでは意外とキレイに出来た。
こないだ10分くらいで作ったので超適当だった文字を、それらしく修正してある。

説明読むと、付属の透明の接着剤シートというのを貼れと書いてあるけど、カットして貼ったほうがいいのかな?
液晶保護フィルムみたいな感じなので、1面にベタッと行くのは気泡など入りそうで少々リスキーな気が。
| HGUCグフカスタム(ヴァイスローゼ) | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
HGUCグフカスタム その25
動力パイプを金属パーツに換装。
頭と胴のメタル素材が違うこともあってか、かなりなパチモン感が。。

パイプの芯は、ハンダ線だとパイプスプリングのテンションに負けるので0.5mm真鍮線を入れ込む。






アーマーカラーのSSサイズは面取りがチト大きいと思っていましたが、うねりの激しいグフには色塗ればいけるのだろうか?
ザクはパイプラインが落ち着いててよりガチャガチャが目立つので面取りが小さいものが似合う気がする。
あと動力パイプが少し小ぶりになったことにより、シールのモノアイが一気にでかく見えるようになったなー。




銅には例の真鍮製のパーツ&スプリングセットを使用。これも芯は0.5mm真鍮線。
フロント側は6つくらいが適当な感じ。サイドスカートのブラケットにスプリングをそのまま通しています。
しかしプライマー塗るとしても、組み立て時とか完成してからの塗料のハガレは大丈夫なのだろうか。




仮組みした状態ではバックパック側がどうしてもダランとした感じになりがちなので何とかしたい。
スプリングのテンションがあるので調整しようとする度バラける動力パイプ地獄at賽の河原。ハジける?ボクの主義じゃない。


にしても、ガンプラの場合、単にメタル素材使えばリアルにみえるかというと全くみえんということが今回わかりました。
とにかく現状のパチモン感がイヤでイヤでどうしようもない!!はよサフ吹けということかな。
| HGUCグフカスタム(ヴァイスローゼ) | permalink | comments(3) | trackbacks(0)
HGUCグフカスタム その24
左のヒートサーベル持ち手。
R0021694.JPG
HDM左手用のヒートホーク握り手余ってたのを思い出して付けてみた。
旧ザク三連星用だと思ってたけどHGUCザクのDXパックに入ってやつかな?
どっちにしろHGUCザク準拠のデザインなのでグフカスにも違和感なし。F2すくい投げ、この後すぐ!

ちなみに仮組みに瞬着の点付けやろうとして、詰まったノズル爆発してエライことになりかけた。
皆さん瞬着ノズルだけはケチらずさっさと取り替えましょう(指と指はがしながら)。
| HGUCグフカスタム(ヴァイスローゼ) | permalink | comments(3) | trackbacks(0)
AX
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
WEB ALBUM
2012y01m01d_023942718.jpg
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE

モバイル
qrcode






SPONSORED LINKS