スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | permalink | - | -
イージス艦ちょうかい その5
マストはエッチングでも省略されている張出し部スポンソンを再現。
エッチングの再現度は組みづらさ+価格に比例するため適切な省略はむしろ親心。と無意味にフォロー。
R0023779.jpg
0.3mm真鍮線を使ったけど、平面で造形されたエッチング支柱に比較して若干太く見えるのは気のせい。
瞬着は衝撃に弱いので、硬化促進剤を併用して確実に固定しています。


哨戒ヘリコプターSH-60K
R0023782.jpg
エッチングのメインローターを載せてみる。
特徴的な翼端の垂れ下がりが再現できるようになってます。

ローターは伸ばしランナーで接続部を作って差し込んでいるだけ。
もう少し前傾させ、しならせて固定したら実機に近づくかも。


塗装前に全体像を。
こんごう型はアーレイ・バーク級をベースとした設計ということで、このちょうかいもヘリ格納庫を備えていません。
海自のイージス護衛艦は艦隊防空が主任務なので、当時はヘリ運用にはさほど重点を置いてない設計思想だったということでしょうか。

その後、建造されたあたご型はヘリ搭載型のアーレイ・バーク級フライトIIAに準じてヘリ格納庫が設けられることになったらしい。

汎用性を得るために上部構造物がマッチョになったあたご型に比べると、こんごう型はスレンダーでメリハリのあるシルエットに感じます。

| 艦船模型 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
イージス艦ちょうかい その4
艤装品の組み立てを一気に進めます。

ハープーン SSM4連装発射機
R0023744.jpg


プラパーツもトラスが抜けていて悪くない出来ですが基部をエッチングに換装。
R0023749.jpg


オート・メラーラ54口径127mm単装速射砲
R0023752.jpg
特徴的なステルス形状のシールドは再現度高し。
底部を少々整形してラッタルや成形上省略されたディテールを誇張気味に追加。

側面の長円形ハッチは考えた末、伸ばしランナーを冷える寸前にグイッと折り曲げて断面を歪ませたものをスライスして製作。

砲身基部には水冷装置や温度管理のためのケーブルがあるようなのでプラパイプを伸ばしランナーの要領で絞ったものを被せて演出してみたけど要らなかったかも。

砲身下に追加した雨どいのようなものは薬莢排出シュートで、伸ばしランナープラパイプを半分に切って接着。

砲身下にエジェクションポートがあってこのように↓薬莢がガンガン排出される模様。
http://youtu.be/VSxUN3T5joU?t=37s

他の艦載砲を色々見てると薬莢を甲板に散らかさないためのバスケットが装備されているものもあったりしてフェチズムがくすぐられます。


後部。
下側には大きな肉抜きがあるので大あわてで埋めておく。
R0023754.jpg




高性能20mmCIWS連装発射機
R0023746.jpg
PIT等のファランクスに比べてハセガワのはプロポーション自体は良い気がしますが、素っ気無さ過ぎて墓石を眺めている気分になってきたので無理矢理ディテールUP。
基部側面トラニオン上のメンテハッチやラッタル、レドーム横にガンカメラを追加。

銃身は伸ばしランナーに置き換え、ロングバレル化して弾丸の初速を速めたBlock1Bであることを主張しているのがわかる…………わかるのっ!


SPG-62射撃管制レーダー
R0023767.jpg
パラボラの中身のモールドをくり抜いてエッチングを取付けろという指示に従いますが、意外に難易度高し。
下側2本の脚はのりしろ部がうるさく感じられたのでカットして接着。


メインマスト後部の旗箱
R0023761.jpg
ここもプラパーツを削除してエッチングに。


着陸誘導装置水平灯
R0023748.jpg
格子状のモールドを削り取ってエッチングに。台座もエッチングトラスに置き換え。
高さの違う水平灯がもう一基あるので同様に。


ボートコンテナやECM、チャフ発射機などのパーツの整形も一気に終わらせる。
R0023774.jpg
OE-82C衛星通信アンテナはフチをうすうす攻撃、デリックはフック先端をそれらしく加工した程度。

| 艦船模型 | permalink | comments(2) | trackbacks(0)
イージス艦ちょうかい その3
前回作ったフェアリーダーはなんと形状が間違ってたので全部作り直しの刑。
上方が閉じているのが正解。
前回のがオーバースケール気味だったので、さらに小さい0.75mmの帯金を利用して製作。
そうすると今度はボラードのオーバースケール感が際立ってきたけど気にしない。
塗装後に取付ける予定は変更してさっさと接着してしまう。


艦首フェアリーダーは0.5mmプラ板に穴を開けて再現。
アンカーレセスはちゃんとモールドがあるのでドリルで軽く開口した程度。
アンカーチェーンは極細金属チェーンに置き換えることも考えたけど、やはりオーバースケールでクドくなるのでやらない方向で。
船体に関しては、艦尾のスクリューガードや対魚雷デコイ曳航具繰出し口も繊細なモールドがあるのであえて作りなおす必要はないかな。

| 艦船模型 | permalink | comments(4) | trackbacks(0)
イージス艦ちょうかい その2
船体は左右貼り合わせ式なので甲板との合わせ目消しが必要になってきますが、
ボラードとフェアリーダーのモールドが邪魔で甲板の端までヤスリが通らないのが難。
モールドを避けて合わせ目消しを済ませた後サフを吹いていましたが、手すりのエッチングを取付ける際にフェアリーダーの厚みが干渉する事も考慮し、結局キットのモールドは全て削り落として甲板をキレイに整形後、ボラードとフェアリーダーを自作して復元することに。



フェアリーダーはネモの装甲端部に利用したファインモールドの真鍮製帯金(上段)から製作。
一コマずつ切り離し1/700の係留用ロープが通るくらいの切り欠きを設け(中段)、角を落としてフェアリーダーのかたちに整形。



新しい視力検査みたいな絵ヅラですが、同じ作業を繰り返して必要個数を揃えたところ。
フェアリーダーのエッチングも発売されているのですが、自作でなんとかできなくもない。



ボラードはキットのモールドを削った後に、同じ位置にドリルで穴を開けて0.6mmプラ棒を埋め込んで再生。
フェアリーダーは先に取り付けても引っ掛けて壊したり良い事なさそうなので、別途塗装しておいて、甲板の塗装とデカール貼りが終わった後に取り付けようかと。

| 艦船模型 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
イージス艦ちょうかい その1
ハセガワDDG-176「ちょうかい」
だいぶ前に船体と上部構造物の工作は終えていたので続きから。
エッチングのマストを組んで載せてみる。
プラパーツに比べて格段に精密度UP。


ハセガワ純正こんごう級用パーツ。
Aはマストとラッタル、Bは艦載ヘリのローターやハープーンランチャー基部などをディテールUPすることができます。
| 艦船模型 | permalink | comments(2) | trackbacks(0)
英駆逐艦42型バッチ2 その10 -完成-


英42型駆逐艦 "HMS リヴァプール" アルバムに追加しました。

42型は前後に寸詰まりの船体に大きなレーダーを載せられたり、
狭いとこで無理やりリンクスを運用させられながら平然としている雰囲気が好きです。
シーダートは指定の赤は模擬弾かと思って、白で塗りましたが適切かどうか自信がありません。

現用艦に関しては海自や米海軍にくらべて、英海軍の艦船はかなりマイナーな印象ですね。
23型、82型なども個性的なフォルムなのでキットがあれば作ってみたいところです。
21型フリゲートなどはレジンキットでリリースされていましたが、インジェクションで出ないかなー。

| 艦船模型 | permalink | comments(4) | trackbacks(0)
英駆逐艦42型バッチ2 その9
完成したんですが絶賛部屋のお片付け中につき、先にいくつかディテールアップポイントなどを。

煙突に取り付ける丸いエンブレムですが、デカールを貼る板が付属してませんのでペペッと自作。
両サイドのアンテナも増設。
R0022722.JPG


デカールの直径が3mmなので、ベルトの穴あけの3mmポンチで0.3mmプラ板を抜いて塗装。
デカール貼り付けて接着する直前に1個が視界から消えてしまい、這いつくばって探したのち艦底に張り付いてるのを見つけて一件落着(笑)
R0022707.JPG


アンテナは0.3mm真鍮線で。基部はプラ板で自作。それから前マストトップに旗竿を追加しています。
艦首旗竿も定番ですが真鍮線で細く作り直してあります。
R0022708.JPG



グレー系の中にアクセントカラーとしても効果的な救命用浮輪を自作して追加。
今時はこういうのもエッチングパーツで市販されてますが、これでも十分でしょ(笑)
R0022717.JPG


浮輪の製作法。
1mm径の真鍮線を芯に0.3mm径の真鍮線をコイル状に巻きつけ。
R0022711.JPG



ニッパーで1個ずつカットして、ピンセットの後ろで潰して◯にする。
視力検査とか言ってるの誰よ?
R0022712.JPG
ちなみにこの制作法は海外モデラーさんのサイトで昔見た手法の丸パクリなんですが、申し訳無い事に肝心のサイト名忘れてしまいました(おい!)
今ほどパーツが至れり尽くせり環境でなかった頃、1/700艦船模型界隈は目からウロコの制作法が飛び交っていて驚きの連続でした・・・などと言って誤魔化す。

ところで、最近ハセガワトライツールのエッチングニッパーを手に入れたんですが、プラは勿論、こういう細かい金属線のカットにも使えて超便利!


艦載機のウエストランド リンクスも忘れず製作。メイン/テールローターは付属のエッチング。
窓は例によってコピックライナーの黒でお手軽に。
R0022726.JPG


ということで、全体は明日撮影してUPしようかと。しばしお待ちを。これから晩飯(笑)
| 艦船模型 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
英駆逐艦42型バッチ2 その8



後部甲板の手摺、忘れるとこだった。今日はココだけ。
| 艦船模型 | permalink | comments(4) | trackbacks(0)
英駆逐艦42型バッチ2 その7

手摺の設置&タッチアップ完了。煙突の穴は浅いのでドリルで貫通させました。
各種レーダーの支柱が短かったり太かったりするので伸ばしランナーで作り直し。

艤装作業もほぼ完了。あとはCIWSやらホイップアンテナ設置など。

| 艦船模型 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
英駆逐艦42型バッチ2 その6


瞬着が出てきたので、手摺とヘリ甲板用安全ネットの設置作業。
ゼリー状とサラサラを混合して粘度を調整した瞬着で取り付けています。
| 艦船模型 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
AX
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
WEB ALBUM
2012y01m01d_023942718.jpg
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE

モバイル
qrcode






SPONSORED LINKS