スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | permalink | - | -
HGUCザク 機雷散布ポッド 排出口
下部の機雷排出口。
キットより細めに作ってるのですが、一度作ったものの大きさが気に入らずノコで切って幅増ししたりして作業効率悪すぎ。

ここは排出角度が変えられる設定になっているのでHGUC GP01Fbのブーストポッド基部のパーツを加工したものを仕込んで可動を再現しています。
| HGUCザクマインレイヤー | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
HGUCザク 機雷散布ポッド ダクト周辺
作り直しているバックパックの進み具合。

元のデザインそのままだと形状が単純すぎるので左右のダクトの付くブロックが上に突き出したようなかたちにしてみる。ダクトは1mmプラ板で枠を組んで0.3mmプラ板でフィンを製作。
| HGUCザクマインレイヤー | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
HGUCザク 脚部
ヒザアーマーは側面を切り離し切り口を削ったあと再接着して小型化。
装甲の内側から出ているように取り付け。
すね前面もプラ板を貼り足してライン修正。すね上部(ヒザ周囲)エッジはC面を無くすように側面のくびれを削り込む。



フロントスカートはTV版の設定画やMSVザクのキットに準じて股間ブロックとの間に隙間が出来るようにカット。
そのままだと中がスカスカに見えるのでフレーム側にプラ材を貼る。



(クリックで拡大します)

各パーツの大きさや取り付け位置を少しずつ調整して、見かけ上のプロポーションを変えただけなので身長は素組みとほぼ変わらず。
| HGUCザクマインレイヤー | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
HGUCザク  足首ディテール
可動化した足の甲の断面はMGザクver.2.0参考に切り欠きを追加。
同じくカカトとつま先の分割ラインをスジボリで表現。
ソールのふちもヤスって一体感が出るように。



本屋に寄ったら電ホのザクのムックが出てたので買ってきた。



MGザクver.2.0の作例だけをまとめた本なんですが、表紙の新規作例のシャアザクはキットを活かしながらも原点のザク像を目指した作例で、全身に渡って手が加えられていて見どころが多いです。
アーマー類や各パーツの独立したユニット感を抑え、滑らかにラインをつなぐ工作によって"ロボット"ではなく"モビルスーツ"としてのザクになってる。ザクの好きな人は一見の価値はアリです。

| HGUCザクマインレイヤー | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
HGUCザク 細部の工作
頭部をもう少し好みにいじる。
支柱を取っ払ってひさしの下に0.3mmプラ板を貼ってさらに上下に詰める。
支柱は1mmプラ板を差し込んでちょっと前方に付け直す。安彦さんの描くザクのように真正面から見たとき両サイドの窓が少し見えてるくらいのバランスが好き。


MGザクver.2.0の頭のかたちが好みに近いので後頭部を削って頭頂を少し前方に、ひさしや耳の上辺りも削って丸める。
頭の下端は周囲を1mmくらい削って低く胴体に埋まる感じに。胴側の首のモールドは細いので左右に1mmプラ板貼って幅増し。


腕は前腕の内側(緑色の部分)が太すぎるのが気になっていたので削って細くする。
ココは肘などに比べて装甲が一枚薄くなってる(鎖帷子みたいな)というのが私的ザクの解釈。
可動のため関節の露出面積が広いのでプラ板でエグレを狭く。上腕は周囲を削り込んで細く。
右肩のシールド基部が浮いているのでボールジョイント軸をカットして詰め真鍮線で補強して付け直す。


左肩スパイクアーマーは取り付け基部が丸見えで興醒めなのでマウント方法を変更。
おなじみイエサブ関節技フレキシブルパイプを使用。
瞬着でガッチリ固定でき保持力もあり安いのが好感度高い。
受けはエッチングノコで切り込みを入れておくと脱着しやすくなるのでオススメ。


イメージが固まってると模型作る作業自体は早いのですが、ザクの場合は作例など見る機会が多くて好みが確立してるせいか勝手に手が動いてガンガン作っていく感じで楽しいです。
| HGUCザクマインレイヤー | permalink | comments(0) | trackbacks(1)
HGUCザク 機雷散布ポッド小型化
HGUCザクは旧キットのマインレイヤーザクに比べてボディが小さめなので、バックパックをそのまま付けるとややオーバースケールに見えます。
ということでキットのパーツをゲージにしてプラ板で小ぶりにスクラッチしてみる。

胴体からはみ出ない横幅にして前後の厚みも80%くらいに小型化。
下半分も各部削ってバランス合わせるつもり。
| HGUCザクマインレイヤー | permalink | comments(2) | trackbacks(0)
HGUCザク マインレイヤーパック
マインレイヤーのバックパック仮組みして装着。




んーでかすぎて少しバランス悪いような。
もうちょっと様子みて決めよう。
| HGUCザクマインレイヤー | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
HGUCザク 顔
前腕は肘を詰めたぶん1mm延長、股間ブロックも再度切り離して下に1mm移動させて足を長めに。だいぶ俺ザクになったきたぞ。


パイプの基部を3mm丸棒で作り直し。口のダクトはシャープに整形。
頭は上下の合せ目で1mmほど詰めてあります。


次回ついにマインレイヤーの封印が解かれる?!
| HGUCザクマインレイヤー | permalink | comments(0) | trackbacks(1)
HGUCザク 肘とか短くする
2,3日でサッサと完成させるつもりがシリーズ化しつつあり。

肩の位置は上げたけど肘関節が間延びしてる感があるので詰める。
上腕からの軸やポリキャップの上端をカットしたりポリ隠しの干渉する部分を削って上腕に肘の○がめり込むように。

胴体も少しのっぺりしてるのでスカート下端を前後左右2mm短く。フンドシ下端もカットして2mmほど詰め再接着。

モデグラ04/6月号のHGUCザクの記事などを参考にしてます。

部屋が掃除してもすぐホコリにまみれるので完成品用にWAVEのケース買ってきて入れてみる。

完成した模型の置き場は皆どうしてるのかな?自分の場合は撮影したらプチプチにくるんで箱詰め保管。ガンプラはまだ保管しやすいほうだけど飛行機とかデリケートで場所とってどうしようもないと思うんですが。
| HGUCザクマインレイヤー | permalink | comments(0) | trackbacks(1)
HGUCザク足甲の可動化
切り離した足の甲に可動仕込んでみた。

足裏バーニアの裏側に当たる凹に関節技フレキシブルパイプ中(だったか?)がピッタリはまるのでこれをジョイント受けとして接着、ボール側は3mmランナーに穴を開け埋め込んで接着する。ランナーは長めに取っておいて足甲に3mmのドリルで穴を開けて通し位置が決まったら接着。
ジョイントは固すぎるのでエッチングノコで受け側に切り込みを入れてます。

つま先近くのボールはオモリの鉛球。


スネにあわせて自然な傾きに。
| HGUCザクマインレイヤー | permalink | comments(0) | trackbacks(1)
AX
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
WEB ALBUM
2012y01m01d_023942718.jpg
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE

モバイル
qrcode






SPONSORED LINKS