スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | permalink | - | -
BD1号機 その11
くるぶし部のブロックは独立可動させるため幅詰めした都合でスネ側がかなり細くなってしまったので側面をプラ板で修正。後ろから見ると台形からタテ長の長方形に近づいた。
アキレス腱部分の凹モールドは彫りにくいのでモールドの形を切り欠いた0.5mmプラ板を貼りつける方法で。


側面や後ろ側のスジボリも彫りなおす。

| HGUCブルーディスティニー | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
BD1号機 その10
BD1はますますマイクロスコピックな改造になってきておりますが。

↑の画像は何かといいますとカメラアイの内部メカパーツを"型取りくん"で型取り後、光硬化パテを充填して複製したもの。
"型取りくん"はお湯などでやわらかくなる素材で片面取りの複製などには重宝するアイテム。"型想い"や100円ショップの"おゆまる"も同じ用途で使えます。
ちなみにお湯でやわらかくすると型に水分が残るのが難なので、ドライヤーで加熱してやわらかくしています。
柔らかい状態でパーツに押し付けて型ができたら、タミヤの光硬化パテを充填。
光硬化パテの液状に分離した成分を流し込んでいます。こっちのほうが流動性&透明度高いので。
タミヤさんにはこの液状の部分だけを使った光硬化リキッドパテ的な商品を出して欲しいのですが。


とりあえずハマるよう削ってクリアパーツの内側にはめ込んでみる。
画像では黄色いがクリアブルーを吹けば黄+青でグリーンのクリアパーツになるのではないかと。


ためしに光らせたところ赤く光るので問題なし。いちおうモールドが箱絵っぽく光ってるのですが。


胸のミサイルは貧弱だし塗装もしづらいのでエッチングノコで切り取ってWAVEの丸バーニアで発射口を作ってはめ込んだ(画像右)。
あとヒザ裏も盛大に肉抜きされているのでプラ板でメカパーツ(左)をでっち上げ。

あと電飾キットとしてこういうものを見つけた。
チップLEDなのでかなり小さい場所でもカンタンに設置できそうだと思ったのだけど。どうでしょうか。
| HGUCブルーディスティニー | permalink | comments(4) | trackbacks(0)
BD1号機 その9
胴体や電飾工作の続き。

胴体に仕込むための小型のスライドスイッチ。電池入れるとスペースがギリギリ。
画像右に一本突き出ている棒はスイッチを操作するための0.8mm真鍮線。ドリルで穴開けて埋め込む。


コクピットのハッチが別パーツ化されてるのを利用して中にスイッチを仕込む。
ハッチを外してON/OFF。プラ材で真鍮線の頭にカバーを。

工作中にLEDの足についている抵抗が取れてしまったので手持ちの抵抗から選んで電池側にハンダ付けしなおす。
1/144だと頭部のスペースに余裕がないので胴体内につけたほうが良い。はじめから抵抗なしのLEDでよかったという話。


成型の都合で胸サイドの放熱用パネルが中途半端な抜きになっている。
上から見ると胴体が前後に絞られていてなんとかサイドのモールドを表現してあるのがわかる。
ノギスを使うスジボリのやり方で周囲にアタリをつけてエッチングノコで掘りこみ、彫刻刀でスジボリの深さまで均一に削ってペーパーで凹部を磨く。
小ネタとして、デザインナイフの刃先をペンチで折って短くした刃を立て、カンナがけのように削ると凹部を平らに成型するのに結構便利。

胸のエッジも幅を広めに削ってハコっぽさを調整。


首周辺の合せ目は消したいが電池交換のためあとで胴体も分解したいので胴体後部をこのように分割。白い線はノコの切りしろ分を修正したプラ板。

胴体後部サイドのスジボリも中途半端なのでスジを入れてから段落ちモールドにした。

今回は首のポリパーツを使わずに、塗装と後ハメのために角バーニアと瞬着パテで自作。

胴側の接続は関節技フレキシブルパイプのボールジョイントを使用。固すぎるのでボールをスポンジやすりで削り、受け側はエッチングノコでボールをはめる方向に切込みを入れて調整。

胴体側のもとのポリパーツ受けのプラを削って関節技を接着する足がかりにする。
首は長さや太さが結構プロポーションに影響するので仮組みしておかしくないか確認。
気持ち長めにして顎が引けるようにしてみた。
| HGUCブルーディスティニー | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
BD1号機 その8
スジボリ日記と化してますが。


| HGUCブルーディスティニー | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
BD1号機 その7
腹のダクト周囲にもスジボリ。フチが狭いので0.2mm幅でのケガキに。

彫りやすい直線部分は深く、彫りにくい部分は浅くなったりしがちですが一定の幅と深さになるように気をつけて作業。

ウエスト部分も意外と目に付くので同様に。


スジボリの断面を"V"ではなく"凹"にするのに便利なコトブキヤのモデリングノコ2。
右下のが尖ってて使いやすい。


ところで、こういう手が滑ったらアカンという心を無にして集中する作業は、しばらくやってると「ウーロン茶ヌルヌル!」とか突然おかしなフレーズが頭をよぎって必ず失敗する。自分の場合は連続で30〜40分くらいが限度かな。
| HGUCブルーディスティニー | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
BD1号機 その6
多少キツイ顔だったので若干いじってみた。

額パーツの左右こめかみ部分の折れが急な感じに見えたのでパテで丸みをつけたのと
一体化してるマスク部のホホ当てに向かう傾斜がキツイのでナイフで少し削った。


肩内部パーツの欠けをプラ板を貼ってなくし、うすうすに削る。



肩の増加装甲がプラの厚みそのままなのでスジボリを入れて断面を二重に。

ノギスを0.4mmくらいに固定してパーツのフチをガイドに滑らせてアタリを付け、0.15mm厚のエッチングノコで彫る。カドの距離の短いところは無理にノギスを使わずナイフ先で慎重にやったほうが無難。


前腕はモデグラ6月号の2号機を参考にスジボリに沿って片側を分割、合せ目はモールドとして処理することに。フレーム削っての後ハメはなんか避けたい気分だったので。
シールドマウント用の開口部は○がイヤなので四角く修正。

| HGUCブルーディスティニー | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
BD1号機 その5
やっぱりテールスカートも1mm延長することに。

スカート基部をエッチングノコで切り離し角度つけて再接着。

| HGUCブルーディスティニー | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
BD1号機 その4
ムシャクシャして電飾した。


「EXAMシステム、スタンバイ・・・」






| HGUCブルーディスティニー | permalink | comments(5) | trackbacks(0)
BD1号機 その3
股関節の付け根の欠けている部分をプラ材で埋める。

ちなみにエバーグリーンの1.5mm×2mmの角材を使ってます。

定番化してきた二重関節の隙間フタの工作。

0.3mmプラ板の細切りを貼り付けて整形。プラ板に干渉しそうなところは少し削ると可動範囲はほぼそのまま。

シールド上部のロールバーはパーティングライン消しや塗装がやりにくいのでエッチングノコで切り離し真鍮線で接続。


フロント&サイドスカート丈が少し短いので1mm延長。

テール側は不満感じないのでそのままですが、延長するなら腿に干渉しないよう基部を切り離して取り付け角度を変えたほうがよさそう。

全体像。

| HGUCブルーディスティニー | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
BD1号機 その2
キット状態の足首。

スネの内側に関節があるのでかなり高い位置で折れ曲がっていて不自然。


足首の構成はこんな感じ。
ツマ先可動もありくるぶし付近にジョイント入れるスペースがあまりない。


足首ブロックをエッチングノコとナイフを駆使してこのように分割しジョイントを入れます。かなり力技。

ちなみにジョイントにはイエローサブマリンの関節技ボールジョイント(小)を使用。
アルテコ粉と瞬着で接着。

分割した上部は中にキャスト片を接着して2mmの穴を開けボール側のジョイントを差し込んでいます。キャスト片がなければプラ板でもパテでもよいのですが。



組み上げるとこんな感じ。もとのボールジョイント生かしたままなので二重関節。
ダブルボールジョイントだと工作精度の低さも多少ゴマかせます(笑)

実は最初はポリ製のジョイントを仕込んだもののグニャグニャで触ってるうちに壊れかけてきたのでABS製の関節技で作り直し。それでも左右の関節の長さが違ったりしてまたまたやり直し。こういう関節設計などはいまだに苦手で不器用さを実感します。
BD/陸ガン系の足首で悩んでる方のヒントになれば幸いです。
| HGUCブルーディスティニー | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
AX
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
WEB ALBUM
2012y01m01d_023942718.jpg
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE

モバイル
qrcode






SPONSORED LINKS