<< RG Zガンダム3号機#1 | main | RG Zガンダム3号機#3-完成- >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | permalink | - | -
RG Zガンダム3号機#2
塗装が終わったので早速組み立て。
ここまで仮組み無しコナゴナ状態で進めてまいりましたが、組んでみるとプロポーションも超絶に良く、塗装もイメージ通りでひと安心というか「バンダイちゃん、ここまで連れてきてくれてありがとね」的な。

ADV.MSジョイントにはガイアマルチプライマーを吹付けた後、塗膜厚みを抑えるためダークグレーに混色したガイアサフ吹き→フラットコート。

フレーム組み立ての際には、破損や摩耗防止のため可動軸やスライド部(危なそうな箇所)にタミヤのセラミックグリスを爪楊枝の先で薄く塗っています。


外装の塗装にはCGっぽい質感を狙ってバーチャロンカラーのパール系新色を投入。
基本的には設定に準じた塗り分けです。

ピンクはパールコーラルピンクをベースにホワイト+ローズブライトレッド+蛍光ピンク+クリアーブルー。

ホワイトはパールコールドホワイト+純色バイオレット微量、肩や胸のグレーはパールマーズライトグレー100%。

フライングアーマー等の濃いグレー部は、エアクラフトグレー+ホワイトを下地にパールコールドホワイト(+αでグレーっぽくしたような気も)をオーバーコート。

フロントスカートはインスト設定ではホワイトと濃いグレーの色分けのようですが、コントラストが強いと一体感がなくてアーマーが小さく見えるので、ここのグレーだけは例外的にホワイト寄りにしています。

以上のパール塗装には溶剤にメタリックマスターを使用した上、クリアー重ね吹きとヤスリスティックフィニッシュ磨きでツルテカに。

イエローは主張を控えめにしたかったので、色温度高めのガンダムカラーイエロー9(パラス・アテネ用)を使用。

各部バーニアや前腕メカ部、ライフルのバレル等はガイアのガンメタル。
スミ入れはエナメル系スモークグレー+クリアブルー+クリアレッドで。

あとは各部のストライプとデカールを残すのみ…ですが、何も貼ってないこの状態も捨てがたいかも?

| RGZガンダム3号機 | permalink | comments(3) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | permalink | - | -
AX
コメント
カッチョエエ…(  ̄▽ ̄)

イイよね~RGZ

ここまでキレイに決まるならノーマルで充分な気します♪ヽ(^。^)ノ

イサムも作ろうかな?( ☆∀☆)
| イサムダイソン | 2013/06/26 6:47 AM |
本当にCGっぽいw
配色のセンスが神
| A | 2013/06/30 8:53 AM |
>イサムダイソン様

RG Zは絶対に組んでおくべきキットですね〜

実際手にしてみると、可動部が多いのでポージングとか撮影の些細なことで素立ちでもかなりイメージが変わって見えることに気づきました。


>A様

ボディのパールマーズライトグレーは緑成分がほんの少し入っているんですよね。
隣接する黄色がよくあるガンダム系オレンジイエローだとギクシャクするので、赤成分の無いイエロー9にしたんですがいかがでしょうか。

パール系のバーチャロンカラーはCGっぽさの再現を目的に開発された塗料らしいんですが、さすがそれだけのことはありますね。
| コブシメ | 2013/07/21 6:33 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://specificform.jugem.jp/trackback/817
トラックバック
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
WEB ALBUM
2012y01m01d_023942718.jpg
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE

モバイル
qrcode






SPONSORED LINKS