<< HGUCGMスナ2 その28 -完成- | main | 1/1300弁天丸 その2 -完成- >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | permalink | - | -
1/1300弁天丸 その1
サフ状態で放置していたハセガワの弁天丸を塗装。
ラフな感じの製作なので、いきなりスミ入れやデカール貼り直前です。
ある程度成型色での色分けはされていますが、説明書の指定どおりに塗り分けようとすると少し手間がかかります。
親切なことにカラーCGの原寸6面図が掲載されているので不明瞭なところは特にナシ。

下地には金属色(ガイアのリアルアイアンシルバー/ブラック混色+クリアブラウンで色味付け)を吹いて、さらにMr.シリコーンバリアーを吹付けてあります。
この上に基本色をのせて、あとからナイフ等でキズをつけることでデブリ衝突等による外装の剥がれを表現しています。これはAFVのチッピング表現に使われている手法を真似てみたものです。

エアブラシ基本塗装後に筆のタッチを活かして明暗差やムラを作り、細部の塗り分けを行いました。
特徴的な赤はバーチャロンカラーのローズディープレッド+ローズブライトレッドを基本に。ダークグレーはガイアのジャーマングレーベースでウォーム系に混色。

以下、ディテールアップ内容。

メインマスト端部。航海灯支柱とアンテナを0.3mm真鍮線で。
R0024057.jpg



船体上部のホイップアンテナも0.3mm真鍮線。
水平方向のは塗装の邪魔になるのでこのあと撤去。
R0024048.jpg



艦首アンテナは存在感があるので0.5mmで。
できれば真鍮パイプの組合せにした方が精密感出そう。
CGにあるエアデータプローブのようなカギ状の突起はエッチングの余りから製作。
R0024050.jpg


ブレードアンテナはエッチング枠から切り出し。
直付ではなく座布団のようなフェアリングを介して取り付け。
R0024049.jpg


カーゴドア周囲は合わせ目が来るのでしっかりヤスリを当てて面出し。
R0024058.jpg


艦首付近側面は段差が生じないように滑らかに。
R0024061.jpg



| 艦船模型 | permalink | comments(2) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | permalink | - | -
AX
コメント
おぅ、モーレツ!(おっさんな挨拶)

弁天丸とは、またイカスところを責め…いや、攻めますな!

鮮やかな赤を剥いでのデブリ傷とな…期待せざるをえないですよ?
| モリタケンジ | 2013/05/01 12:21 AM |
サァ、海賊の時間や!(野太い声で)

発売心待ちにして手に入れたんですが、
ササっと組んで眺め回すのが楽しいキットです。

塗膜剥がしたあとからまた筆やブラシで色を重ねてまた削ったり、
影や反射光を描き込んでは上塗りしてみたり徐々に厚化粧になってます(笑)
| コブシメ | 2013/05/02 12:20 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://specificform.jugem.jp/trackback/810
トラックバック
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
WEB ALBUM
2012y01m01d_023942718.jpg
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE

モバイル
qrcode






SPONSORED LINKS