<< HGUCネモ その20 | main | 1/72 チャレンジャー1(砂漠仕様) その3-完成- >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | permalink | - | -
HGUCネモ その21 -完成-

MSA-003 NEMO (A.E.U.G. )完成。
(画像クリックでアルバムへどうぞ)

今回はウェザリング一切無し、ロールアウト直後のキレイめ塗装としています。

関節付近にはせっせとスジボリや段落ちモールドを施し、
ベタにキットのパーツ分割ライン=塗り分けラインとなることを避けたため、
細部のフレーム色も全部マスキング大会のエアブラシ。


塗装中、肩関節PCの露出と空疎感が気になってきたので、
急遽0.5mmプラ板でPC隠しパーツ自作。
PC表面をプラ板の厚み分そぎ落とせば可動制限は許容内。


あと、標準装備としてGM2,3共通ライフルとクレイバズも製作。


A.E.U.G.ロゴとモデックスNo.はガンダムデカールを使用。
1stや近年作品のデカールは商品も多く困らないのですが、
1/144サイズのZ用デカールは供給不足感なきにしもあらず。

ついでにマーク類に色が入ってると使いにくいので、
白かライトグレー系のいまどきデザインで発売されないかなと。


コーションはHiQパーツ製デカールを全面的に使用。
下地に合わせワンカラーミントとパープル、ところにより一部ピンク。


発色の良い白コーションを全身貼りまくるとゴチャゴチャするので、
ロービジコーション的(本体色が派手なのは置いといて)落ち着きを求めた結果、
ミントとパープルにたどり着きました。
色合い的にシンセのYAMAHA DX7を彷彿とさせる無機質感もお気に入り。


"CT"はアイリッシュ級戦艦クークスタウン配備機を意味しています。
というか、今からでも全然遅くないのでEXモデル アイリッ(ry


ガイアフラットクリアーで不要なツヤを抑えたあと、シリンダー摺動面には
ハセガワミラーフィニッシュ、頭頂センサーには偏光フィニッシュを貼り、
金属色で塗装した各部スラスターなどを接着して完成。

撮影にあたって新しいグラデ背景紙を用意しましたが、当然ながらこれまでと
映りが違ってきて感覚まったく掴めず。

さらには本体グリーンの色味が頑ななまでにあさっての方向というか、
カメラ設定変えて何枚撮ってもなぜかシアン寄りの初音ミクブルー?にしかならず、
悶絶死寸前でなんとか作業完遂。


緑と紺のネモカラーは組み合わせがやや難しい配色ながら、
色調を整えれば配色を大幅改変せずともかっこ良くなるはず。

エゥーゴが念願かなって手に入れた自前の量産機(新訳版では早々に配備されて
ありがたみが薄れた気が)、という自尊心が感じられるところや、
肩や胸の紺色部分がボディーアーマーを着込んだ様に見えるのが好みです。


ということで、最後までご覧いただき有難うございました。 



| HGUCネモ | permalink | comments(7) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | permalink | - | -
AX
コメント
完成お疲れさまです!
やっぱりかっこいい!
スタイル・工作の精度・ディティール・塗装、どれも素敵です。
各スラスター周り等のスジ彫りはやはりこのスケールとは思えない精度を感じさせますね〜
| イッシン | 2012/08/30 10:39 AM |
>イッシン様

ありがとうございまーすヽ(゚∀゚)ノ

やはり製作中にイッシン様をはじめ、色々な方から頂戴したコメントがやる気に繋がりましたね〜
「せっかく見てもらっているので過去最高に丁寧にやろう」という気になりました(笑)

製作期間は当初考えていたより長くはなりましたが、ディテール表現でも新たな試みができたのは良かったです。

一度感覚をつかめば次からは同じ作業が効率良くできるようになるのが模型製作の面白いところですよねー。
| コブシメ | 2012/08/31 6:30 AM |
製作お疲れさまでしたw
スタイル、色、共にクールでグッジョブです。
連邦系にパープルの差し色はかなり斬新!(イタダキマス
さらにの、相変わらず気づいた箇所はその場で修正スタイルには頭が下がります、ハイ・・・。

パープルやミントのデカールがあるなんて初めて知ったような素人のコメントは無視して次回作にこうご期待!

| halu | 2012/08/31 5:53 PM |
ネモ完成!!お疲れ様でした〜

ほんといつも丁寧な工作されてますが
今回はさらにみがきがかかっていうことないですね〜

色合いもすごくいい!!

武器もすごくいい!!ほんとGOOD JOBです。

アーマーのフチに使うエッジングは
使う予定もないのに影響されてかっちゃいましたよ。

| ラッコ | 2012/08/31 8:01 PM |
>halu様

緑は黄色成分が多めだとナチュラル系の柔らかい色調になりますが、
今回のネモは黄色成分が少ない、青みの強い硬質な緑ですね。
胴体色は青紫が発色する寸前まで彩度を落としたミッドナイトブルーなので、
パープルの挿し色も唐突感が無いと思います。

Z系の関節色はパープル系グレーが多いのでできれば再現してあげたいところですが、
関節全てをその色でベタ塗りするといかにもアニメアニメなので(笑)、
ポイントを絞って模型的見栄えとの両立を狙ってみました。

ところでHiQパーツのワンカラーデカールはかなり画期的ですね。
これまでにも赤や黄とかのコーションデカールは存在したものの、使い所が限定されている印象がありましたが、
中間色で発色の良いこういったデカールの登場で、今後は決め事に従った退屈なコーション貼りから開放されそうですよ。


>ラッコ様

ありがとうございます!

今回は大改造というよりは基本的にはキット形状を生かしての製作で、
全体的なバランスを意識して仕上げてみましたので、そう言っていただけると有難いです。

ネモの伸縮機構を備えたシールドがGP01のそれに似ていることもあって、
ライフルもGP系ベースのが似合うと思ったんですよねー。
同じアナハイム製の機体ですし、供給してるメーカーも互換性がありそうということで。

あのエッチングパーツは戦艦の艦橋の補強材などに使われてるものなので、
アーマー以外にもシールド裏とかバックパック接続部とかにも使えそうですよ。
| コブシメ | 2012/09/01 3:58 AM |
初めまして。

邪道なネモを製作中に物凄く正統派のネモを作っていらっしゃるのを見てチラチラ覗かせて頂いておりました。

当方のブログにリンクさせて頂いたのですがよろしかったでしょうか?
| 大佐 | 2012/09/05 12:37 PM |
>大佐様

はじめまして。
リンクは自由にしてもらって構いません。

ネモをナイトシーカー的に作られてるんですねー。
ぶっ飛び過ぎててベースがネモだと気づくまでに少々時間を必要としましたが(笑)面白いなと思いました。

こちらのリンクにも追加しましたのでよろしくお願いします。
| コブシメ | 2012/09/06 3:48 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://specificform.jugem.jp/trackback/758
トラックバック
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
WEB ALBUM
2012y01m01d_023942718.jpg
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE

モバイル
qrcode






SPONSORED LINKS