<< HGUCネモ その12 | main | HGUCネモ その14 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | permalink | - | -
HGUCネモ その13
気が変わったので、脚部のスラスターユニットは中身を自作することに。
R0023623.JPG
肩のスラスターと同じくプラストライプの箱組み。
間にスペーサーを挟んで隙間を設け深さを変えた2重構造。

このユニットはよくGMスナ2と似ていると言われますが、外寸や内部形状、深さがまったく違う。
ネモの場合は単なるフェアリングではなく、何か+αの機能が付与されているに違いない!
ということで、IRサプレッサーのようにスラスターが取り囲まれているイメージにしてみた。


スネ前面装甲もリアスカート同様、端面にエッチングを追加。
R0023624.JPG

| HGUCネモ | permalink | comments(2) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | permalink | - | -
AX
コメント
とりあえず、バインダーの件は精神的安定感を得る方向こそ正しいのです!という私もランドセル側パイプ基部が隠れるものだと思い込んでいて三角側を下にして、さも当たり前に眺めてましたww。デザイン的にしっくりきますし。

で、ネモのスネはもはや船舶模型の域ですな。takumi明春かと。
話変わりますが、ウォーターラインシリーズの発売順が分かるカタログ的な本とかご存知ですか?あんまり古い船舶模型は怖いので新しめのキットを攻めてみようかと・・・(つか、話変わりすぎ
| halu | 2012/07/16 11:05 PM |
>halu様

WLの参考書籍なら「ウォーターライン モデリングガイドブック」とかどうでしょう?
http://www.ms-plus.com/search.asp?id=25272

以前店で見てみた感じでは新金型キット中心のレビュー+ガイド的な内容だったかと。

最近のWLキットは1/350を圧縮したような精密さが主流ですが、あまりにも細かすぎると組みづらいものもあるかも。

あと、最近のキットでもアオシマの扶桑など甲板の分割がさらに改良されてたり、エッチングの同梱や年次による仕様など、チェックすることをお勧めします。

最近また艦船作りたいんですよねー。

とりあえずガンダムモデラー界のtakumi明春めざすぞー(笑)
| コブシメ | 2012/07/17 4:38 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://specificform.jugem.jp/trackback/750
トラックバック
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
WEB ALBUM
2012y01m01d_023942718.jpg
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE

モバイル
qrcode






SPONSORED LINKS