<< HGUCドラッツェ その4-完成- | main | HGUCネモ その1 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | permalink | - | -
HGUCドラッツェ その5-補足-
リクエストがあったので肩関節パーツの軸隠し工作についての補足を少々。
キットは完成させてしまったので図面にて。

なお、この工作はディスプレイ時の違和感を減らすのが目的で、ガシガシ動かしてポーズを付けるには強度的に絶対おすすめできない方法なので念のため。



 ノーマル状態の肩関節パーツの正面図と平面図。

ボールジョイント(BJ)の接続軸が目立ってプラモ関節丸出し感が。

かといって接続軸を短くしたり軸の周囲に何らかのパーツを接着してしまうと可動範囲が損なわれる。

可動範囲は維持しつつ接続軸を目立たなくするのが課題。



今回の工作例
BJ接続軸の周囲に可動式のリング状カバーパーツを取り付け、フレームやボディとの干渉を避けながら接続軸の露出を減らす事が可能に。
ただし上下方向の可動は制限されるのが難点。








断面図
リングの支持軸は伸ばしランナー(ABS製などが望ましい)を利用。BJ軸には通すだけで接着はせず。スペーサーとしてスプリングを介する。
BJ接続軸は補強のため予め真鍮線を通しておく(実際折った)。





以降、リング支持手段バリエーション提案。
スプリングのテンションのみで支持するパターン。
リングの幅が確保出来れば最も容易。
可動の制限も少ないが外れやすいデメリットが。




ex.1改良版

スプリングを下側にも追加したパターン。

リングが外れにくくなるもののBJ軸の強度が落ちそうなのでBJ軸径を太くして対処。




BJ接続軸にスプリング固定穴を設けるのではなく軸受けを追加したパターン。

BJ軸を太くせずとも強度は確保できるが非常に精度の高い工作が要求される。
上下方向の可動の制限もあいかわらず難点。




ex.3の内側に幅の狭いインナーリングを設け二重化したパターン。

上下方向の可動の制限は緩和されるが、パーツの大きさを考えると現実性に乏しい工作内容といえる。




以上、少し改良すれば他キットの股関節や足首の同様のジョイント部にも応用出来る予感。

| HGUCドラッツェ | permalink | comments(1) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | permalink | - | -
AX
コメント
おはようございます、kbsm師匠。
なるほど、要は関節に追加したリングをフローティングマウントした訳ですね。素晴らしい発想に驚くばかりです。[國弐]
ps;ワタシも再開しました、プラモ^ー^
| バクシーシ・クロ〜ヴィス | 2012/04/26 7:26 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://specificform.jugem.jp/trackback/737
トラックバック
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
WEB ALBUM
2012y01m01d_023942718.jpg
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE

モバイル
qrcode






SPONSORED LINKS