<< HGUC GMカスタム その18 | main | HGUC GMカスタム その20 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | permalink | - | -
HGUC GMカスタム その19
各部形状修正、スネパーツ内パテ充填、足首接続フレーム新造など。

暫く手をつけていなかった頭部はアウトラインをパテで変更。
大雑把に切り詰めてあった胸部も修正していく。
ウエストは削り込みで少々絞り、サイドスカートは厚みを減らして腰幅を狭く、腿との干渉を避ける。
つま先の凹モールド×2は設定に無いのでパテ埋め。



後頭部、ふくらはぎ後部はエポパテでボリュームアップしているのがわかる。




ノーマル頭部との比較。ダクトやバルカン等のディテールはまだ。

接合面で1mm延長。
側頭〜後頭部にかけて面の折れを設ける。
マスクは少し削り込んで小型化。



スネパーツは、これまでの工作で生じたすき間と、強度対策のためエポパテ充填。
ふくらはぎ後部のパテ盛りはスネパーツを合わせた状態でパテを盛って整形した後、ハイパーカットソーでパテ部を左右分割。

足首関節のポリパーツがスネ側にあるため、関節位置が高くラインが崩れる問題の対策として、
スネ側にボール基部のフレームをパテで新造、ジョイントの向きを変える事に。
フレームの作り方はスネ内部にクリームを塗って、エポパテを詰め、硬化後に取り外して整形。

共通モールドを入れたら、ここらへんのパーツ群は複製で左右揃える予定。



スネから取り外したフレームとボールジョイント受けを埋め込んだ足首フレーム。
アンクルアーマーの傾斜を実現させるため1軸設けるのでフレームは前後分割してある。

ボール基部は確実な接合のためフレーム側にホゾ穴を設ける。
ホゾ穴の深さで足首の沈み込みの微調整が出来るという利点もあり。



目立つスカート裏はとりあえずエポパテ充填整形完了。



| HGUCGMカスタム | permalink | comments(3) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | permalink | - | -
AX
コメント
頭部前方絞りはカトキGM系の基本ですよねー。
| 堂本晃司 | 2012/02/07 9:39 AM |
なんか正面写真がメッチャカッコ良くなってるー(°□°;)



ノーマルのユルーイ印象が全くなくなりましたねーイカす(≧∇≦)b
| イサムダイソン | 2012/02/07 11:16 AM |
>堂本晃司 様

前方絞りだと首後ろの空疎感無く自然に顎を引けるんですよね。
センチネル〜0083の前後に長い頭部デザインは小林/近藤系の影響でしょうかね。


>イサム様

やはり頭部の修正が影響大ですな。

あと胸部の調整も効いてる気もしますが、これでまた胸ダクト新造しないといけないハメにw
| コブシメ | 2012/02/09 1:38 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://specificform.jugem.jp/trackback/716
トラックバック
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
WEB ALBUM
2012y01m01d_023942718.jpg
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE

モバイル
qrcode






SPONSORED LINKS