<< HGUCゲルググ(ジャコビアス機) その26 | main | HGUCゲルググ(ジャコビアス機) その28 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | permalink | - | -
HGUCゲルググ(ジャコビアス機) その27
小汚い画像が続きますが、前回盛ったエポパテに関してはだいたいOK。
R0023175.JPG
しかし、ブースター接合面に隙間に埋めたパテがパーツに食いついて、ひっぺがす際にコナゴナに砕けてしまったため、引き続きポリパテで埋め立てます(無論ブースター側にはポリパテがつかないようマスキングテープで養生済)。

できれば、この段階で接着してスネパーツの合わせ目消しも済ませたいところですが、悪夢の膝関節後ハメ不可設計のため、拙劣なパテ修正を余儀なくされている次第。



今回はじめて使ってみたポリパテ。「低収縮タイプ」の文字がチューブに光るモリモリ120。
R0023178.JPG
ポリパテは性質上、硬化時の溶剤揮発に伴う収縮で、ヒケやヒビ割れが生じやすいという難点がありますが、それを改善した製品のようです。
通常のモリモリよりお値段高めですが、プラやレジンの異素材に盛って後々トラブルが起きないなら、ということで試験的に導入。


ついでに、モデラーの必需品であるわりに、巷では意外にも熱く語られる機会の少ない「ポリパテを練るための道具」についても少々。

私が愛用しているのはコーナンで売られているコーキングヘラ。
R0023177.JPG

一見、何の変哲もないポリ製のヘラ。しかし、先端エッジ部に施された45°の面取りが確実なパテのキレを約束してくれます。しかも、厚みのあるグリップ形状により、パテを練ったあと無造作に置いても、先端がテーブルに触れることはありません。適度な厚みと材質の弾力により、気泡を噛み込むことのない確実な練り合わせをもたらす逸品といえるでしょう。

…などと、薄い内容を文字数で誤魔化しながらパテの硬化待ち。早く塗装に取り掛かりたい!




| HGUCゲルググ(MSV-R) | permalink | comments(2) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | permalink | - | -
AX
コメント
うちはゼリー瞬着についていたヘラを使っております(^O^)


といっても最近はポリパテ使ってないですが(笑)


ポリパテはキメが細かくて好きなんですよね〜特に匂いがたまらんす♪(≧∇≦)
| イサムダイソン | 2011/12/07 9:43 PM |
ポリパテ練ってると心が落ち着きますよねー。

匂いがたまらんと思ったことはないですがw
| コブシメ | 2011/12/08 7:34 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://specificform.jugem.jp/trackback/699
トラックバック
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
WEB ALBUM
2012y01m01d_023942718.jpg
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE

モバイル
qrcode






SPONSORED LINKS