<< HGUCジェガンの印象 | main | HGUCジェガン その2 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | permalink | - | -
HGUCジェガン その1


優等生キットですが、ジェガンに一家言ある者としていくつか手を加えたい箇所もあるので、ポイントを絞ってブラッシュアップ。



 

まずは首後ろ 肩フレーム ヒザフレームなど肉抜きが目立つ部分をアルテコ+瞬着で埋めます。
ウエポンラック裏はパテだと可動に影響して具合が悪いので、0.3mmプラ板でフタを。
3mm穴を開けたプラ板を腰の接続軸に通して干渉部分を切り欠いて接着後、はみ出た不要部分を削るとキレイにできます。

ウエポンラック基部のポリ剥き出しは何とかしたいと思いつつ、良い案が浮かばないので放置。
というか、設定と接続方法が変わってる(旧キットの解釈が正しい)けど、それだと接続部が小さすぎてポリを仕込むのは無理。いっそポリの代わりにABSなら塗装できて良かった気も。

少し前からガンプラの股間にアクションベースに固定するための接続穴が標準になってますが、前は穴にフタをするためのパーツが付いてたのが、最近付かなく なって不景気だなと思っていたら、ジェガンではあろうことか股下の装甲まで一部無くなっていて、お寒い限りなので、3mmプラボウとプラ板でフタを自作。

腕は、怒り肩にセットしないと適正な長さに見えない感じなので、上腕を肩フレームとの接続部で1mmほどカットして詰めてみた。



バックパック上部の四角いユニットですが、これが妙に前を向きたがっていてなんとも違和感アリ。
こ のユニットは中に丸モールドが入っているので、おそらく姿勢制御バーニア(アポジモーターと呼べ)と思われますが、キットのままだと後頭部が丸焼け(大気 圏内用のインテイクならおかしくないが)なので、カットしてプラ板で角度修正。丸モールドは同心円だとなぜかカッコイイ法則に基づいて、ウェーブフラット バーニア+真鍮パイプで。



胴 体側面。やはり脚部や肩に比べると胴がやや小さいので腹で1mm延長。コクピットハッチも同様に。ハト胸気味であった旧キットに比べると、逆にボリューム が足りない気もしたので前後パーツの合わせ目で1mm幅増し。胸中央部は0.5mmプラ板でボリュームアップ。「プラ板貼りました!」感が出ないよう注意 して周りの面に合わせてペーパーがけ。



頭 部はかなり小さめで、旧キットと比較すると横幅が圧縮された傾向(これに限らず他の新キットでも顕著)。首を上に向かせるポージングを重視しているため か、干渉しがちな後頭部が薄く造形されている。ジェガンはRX-178の外付け式バルカンポッドが頭部に埋め込まれたような設計なので、右耳から後頭部を 経由して左耳への給弾機構が内部にあるはず。などと言うまでも無く、前後に伸ばしたほうがとにかくカッコイイのでそのように。
首も短いので延長して、頭部側の受けも可動のためか首側に接近しすぎなので頭部の中心辺り(奥まった位置)にジョイントを移設。

頭部左側バルカンポッドから伸びるアンテナは、1mm真鍮線を削ってテーパーを付けたものを使用。モーターツールに銜えてヤスリで削るという、艦船模型のマスト作ったりするおなじみ手法。

一気に作業をすすめたので本体は大体こんなところ。
ゴチャゴチャと書いてる割に大した作業量では無いです。最近あまり真面目に作ってなくて鈍ってるせいか、とにかく1つ1つの作業に時間がかかりすぎ。
| HGUCジェガン | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | permalink | - | -
AX
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://specificform.jugem.jp/trackback/407
トラックバック
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
WEB ALBUM
2012y01m01d_023942718.jpg
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE

モバイル
qrcode






SPONSORED LINKS