<< HGUCギラドーガ その22 | main | 英海軍 O級駆逐艦 その2 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | permalink | - | -
HGUCギラドーガ その22-完成-

ギラ・ドーガ完成。アルバムに画像を追加しました。

 
今回は、基本塗装→スミ入れ→ウェザリングといった工程を分離して行う方法をあえて採らず、ラッカー系で本体色を塗った上からラッカー系スミ入れ(!)、 パーツ表面に色を置いていって混色、ムラムラの塗膜をペーパーでこすりまくってテクスチャーを作り、さらにエアブラシでボカすといった方法で、ギラ・ドー ガのモス・グリーンを追求してみた。
サザビーの頭部が一年戦争時のシャアのヘルメットなので、ギラ・ドーガは公国軍の制服(の威容を体現した)というイメージで。

最終的には茶系の油絵の具を数種類使ってスミ入れ&ウォッシングを行い全体のトーンに統一感を持たせた。


注意書きのデカール等は、面の情報量がすでに十分だと判断したため一切貼らず(MSVなど一部を除いてはデカールをゴチャゴチャ貼りたくなくなりつつある。文字の入ったTシャツ、ある日突然着たくなくなったみたいな感じ)。

細かいところでは左肩スパイクアーマーのノズル周り、バックパック、首基部など若干スカスカな部分が気になったので、1/700現用艦キットのジャンクパーツ等を使って空間を埋めている。あとはセンサー類をクリアランナーのタグから削りだした物に替えたり。

ギラ・ドーガは指揮官機もカラーリング変更のみと地味なので、当初は、ここは一つ誰もが忘れたくても思い出せない「ギラドーガ=MS-16説」でも蒸し返して、艦爆タイプや親衛隊仕様など無理矢理アレンジしてみるか〜とも思ってたけど、まずはスタンダードな一般機で作ることにしておいて良かったかと。

しかし発売後すぐ買って作り始めてからほぼ6ヶ月という長期戦。
最近の自分の作り方をふり返ると、「買ってきたキットのカッコよさがドンシャリ傾向なので、まずはフラットに戻してから好みのEQカーブに」的な製作記が多い気がするな。いかがなものか。


JUGEMテーマ:プラモデル
| HGUCギラ・ドーガ | permalink | comments(4) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | permalink | - | -
AX
コメント
こんばんは。はじめまして。


よく観させてもらってます。
すごい完成度ですね!

おもわずコメント書いちゃいました!


影響されてギラドーガ作っちゃいました!




改造なんて出来ませんが…。

| ぽんたっち | 2009/05/25 9:35 PM |
ぽんたっち様

はじめまして!

作っちゃいましたか。

改造なんてしなくても良いんです。
ありのままが美しい。

改造しちゃイカン!
| コブシメ | 2009/05/26 8:38 PM |
はじめまして。

ザクマインレイヤーの頃くらいからちょこちょこ拝見させてもらってます。

よろしければ私のブログもまたご覧になって下さいな。

ちなみに勝手ですがリンクに入れさせてもらいます。よろしくです^^
| 来夢 | 2009/06/03 12:31 PM |
来夢様
はじめまして!

ブログ覗かせてもらいました。
ライデンザクはシールドのマーキングを
デカールではなく塗装でやってるのが凄くいいですね。

リンク、こちらも追加しました。それではまた。
| コブシメ | 2009/06/04 2:17 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://specificform.jugem.jp/trackback/385
トラックバック
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
WEB ALBUM
2012y01m01d_023942718.jpg
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE

モバイル
qrcode






SPONSORED LINKS