<< BD1号機 その5 | main | BD1号機 その6 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | permalink | - | -
ジェガン
(クリックで画像拡大します)


久々にアルバム更新。
大昔の逆シャアシリーズの1/144キット改造して2年近く前に製作。
ジェガンはわりとかっこいいのに新キットも出ることもなく模型的扱いがいまいち。
出来の良い手首だけ取られてジェガン自体は蔑ろにされがちなので作りこんでみた。

設計ミス(?)で肘が前に曲がらないため上腕に回転軸を追加して対処するのは必須工作。
首も短くて横を向けないのでパテで作り直し2重関節に。
説明書の写真で頭浮かせて無理やりポーズつけてるのには誰もがガッカリしたと思う。

↓製作時の画像発掘したので追記(8/3)
頭部
・額を切り離して0.5mm幅増し。
・顎と顔面のクリアパーツは旧キットジムコマンドから。クリアパーツは上下逆にして削って調整。
・バルカンユニット基部もペラペラなので幅増し。

胴体
・胴体側に首や肩の2重関節を追加。
・ウエストで切り離し回転するよう関節追加。
・フンドシ下が長いのでカットしてフタをする。
・腰ウェポンラックを真鍮線で可動化、サーベルは脱着できるように。
・股関節ボールジョイント化。

バックパック
・上部のスタビライザーをプラ板で幅増し。バーニアも作り直し。
・3基あるノズルも市販パーツに置き換えディテールアップ。
・メインノズルの偏向板(?)も大型化。


・ヒザパッドを上部に延長。
・かかとのバーニア上のフェアリング状のラインが角いのでパテで修正。
・足首関節をポリ化。

装備
・ライフルがあまりにペラペラなのでも別のジェガンから取ってきたのと貼り合せニコイチ。
・シールドはマウント自作、エッジ修正、ガランドウの裏側をプラ板で自作。

全体的にエッジがダルダルなので0.3mmプラ板の細切りをエッジ部分に土手のように立てて、パテ盛り削りでエッジ出し。コレが一番疲れた。

問題の腕は上腕に回転軸とポリキャップ追加。
肘関節は今ならABSの市販パーツなんかもあるけど関節の華奢なデザインを変えたくなかったので無理やり自作。手首の接続は関節技のフレキシブルパイプ小のボールジョイント。


首はエポパテで製作。出渕MSは猫背では無いけど首の位置が少し前に位置してる感じが独特。それを再現しつつ首の基部が前後可動するように関節を作ってます。

このあと肩軸も一度切り離してボールジョイントを埋め込んでます。

素組み(左)との比較。
(クリックで画像拡大します)




-----
・カラーレシピ ※2009/1/4追記

 本体グリーン:316番ホワイト+ダックエッググリーン+デイトナグリーン微量
 レッド:シャインレッド+316番ホワイト+イエロー微量
 足首、エリ等グレー:グレー318番+ガンダムカラーバイオレット(2)
 盾ブルー:ネービーブルー+ブルー
 関節グレー:ガンダムカラーグレー(13)+ウッドブラウン
 バーニアノズル:メタルカラー ダークアイアン
 (全てMr.カラー)

・塗膜を薄く&発色を良くするために全パーツを白で下塗りしたのち
 薄めに溶いた塗料をエア圧低めで吹き付け、という基本に忠実に

・顔のクリアパーツは厚めにクリアコートして本体フラットコート後に取り付け
 カメラ周囲(内部)をつや消し黒で塗りつぶしておくと清潔感が出る

・ボディのスミ入れにはエナメルのクリアーグリーンを使用
| HGUCジェガン | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | permalink | - | -
AX
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://specificform.jugem.jp/trackback/125
トラックバック
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
WEB ALBUM
2012y01m01d_023942718.jpg
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE

モバイル
qrcode






SPONSORED LINKS