スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | permalink | - | -
RG Zガンダム3号機#4-撮影-

RG Zガンダム3号機の撮影完了しました。
(画像クリックでアルバムへ)

続きを読む >>
| RGZガンダム3号機 | permalink | comments(4) | trackbacks(0)
RG Zガンダム3号機#3-完成-

地道に余白カットしたシールを指定通り貼り終えて完成。
フライングアーマーの合わせ目がそのままに見えるのは気にしてはいけない。

「マスターアーカイブZガンダム」表紙と同じポーズでとりあえず1枚。
またもや撮影中にデジカメの電池が切れたので続きは後ほど。
| RGZガンダム3号機 | permalink | comments(4) | trackbacks(0)
RG Zガンダム3号機#2
塗装が終わったので早速組み立て。
ここまで仮組み無しコナゴナ状態で進めてまいりましたが、組んでみるとプロポーションも超絶に良く、塗装もイメージ通りでひと安心というか「バンダイちゃん、ここまで連れてきてくれてありがとね」的な。

ADV.MSジョイントにはガイアマルチプライマーを吹付けた後、塗膜厚みを抑えるためダークグレーに混色したガイアサフ吹き→フラットコート。

フレーム組み立ての際には、破損や摩耗防止のため可動軸やスライド部(危なそうな箇所)にタミヤのセラミックグリスを爪楊枝の先で薄く塗っています。


外装の塗装にはCGっぽい質感を狙ってバーチャロンカラーのパール系新色を投入。
基本的には設定に準じた塗り分けです。

ピンクはパールコーラルピンクをベースにホワイト+ローズブライトレッド+蛍光ピンク+クリアーブルー。

ホワイトはパールコールドホワイト+純色バイオレット微量、肩や胸のグレーはパールマーズライトグレー100%。

フライングアーマー等の濃いグレー部は、エアクラフトグレー+ホワイトを下地にパールコールドホワイト(+αでグレーっぽくしたような気も)をオーバーコート。

フロントスカートはインスト設定ではホワイトと濃いグレーの色分けのようですが、コントラストが強いと一体感がなくてアーマーが小さく見えるので、ここのグレーだけは例外的にホワイト寄りにしています。

以上のパール塗装には溶剤にメタリックマスターを使用した上、クリアー重ね吹きとヤスリスティックフィニッシュ磨きでツルテカに。

イエローは主張を控えめにしたかったので、色温度高めのガンダムカラーイエロー9(パラス・アテネ用)を使用。

各部バーニアや前腕メカ部、ライフルのバレル等はガイアのガンメタル。
スミ入れはエナメル系スモークグレー+クリアブルー+クリアレッドで。

あとは各部のストライプとデカールを残すのみ…ですが、何も貼ってないこの状態も捨てがたいかも?

| RGZガンダム3号機 | permalink | comments(3) | trackbacks(0)
RG Zガンダム3号機#1
プレバン限定のZ3号機。
R0024093.jpg
まずは色分け都合でわんさか入っている不要パーツを指示通り選別してしまいます。
インストをよく見ながらセクションごとにパーツを切り離してケースや小袋で管理。

一気に全部やろうとすると、心理的負担も大きくミスも起こりやすいので小分け作業で。
変形機構が脆そうなのと省エネのため今回仮組みはしません。

つま先側面の凹モールドは若干甘くなっているため、ナイフとラインチゼル0.5で彫り直し。

パーツ整形と洗浄を全て終えたので下地作業へ。
| RGZガンダム3号機 | permalink | comments(2) | trackbacks(0)
AX
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
WEB ALBUM
2012y01m01d_023942718.jpg
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE

モバイル
qrcode






SPONSORED LINKS