スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | permalink | - | -
RGガンダムMk-II その4 -撮影-

RG 1/144 ガンダムMk-II (ティターンズver.)
(画像クリックでアルバムへ)

続きを読む >>
| RGガンダムMk-II | permalink | comments(3) | trackbacks(0)
RGガンダムMk-II その3 -完成-
誰号機にするかで迷った末、エマ機の01で完成。

当然ながら、付属のリアリスティックデカールは力いっぱい貼る方向で。

全塗装してシール貼って仕上げると、これはもう自分の中では完璧なMk-II。
今まで組んだガンプラの中でまちがいなく一番出来が良いキット(断言)

コクピットハッチの赤は艶有り。
ツインアイは塗装。発光表現として中央に面相筆でハイライトを。
シールは繋がって印刷されているところも含めて余白が大きいので、ナイフで1枚1枚ギリギリまで全部カット。とにかく枚数が多いので説明書に赤ペンで印を付けながら進めないと遭難の危険が。

さらに切り口(ミクロン単位の話でしょうが)が光って目立つので、段差付近を中心にクリアを2,3回に分けて吹き、1層作ってからフラットコート。最後に残りの金属箔シール貼り。
極小の金属箔シールは余白を切ると定着性に問題がありそうなので諦めて、エナメルのチタンシルバーで塗装。

撮影中デジカメの電池が切れたので、後日また画像上げる予定です。
| RGガンダムMk-II | permalink | comments(7) | trackbacks(0)
RGガンダムMk-II その2
0.5mmがバケツツールなみに効率良すぎて塗装完了。
基本色はGカラーHGティターンズMk2用のブルー22&23をそのまま使用しております。
四肢に散らばったダークブルーはフィニッシャーズのウルフブルー+黒に赤白を微量。

バックパック、武装の黒く見える部分はミッドナイトブルー。ちなみにスラスターアームの合わせ目は処理して、マスキングで基部フレームのグレーを塗り分け。

アンテナ基部とコクピットハッチのレッドはローズブライトレッド。
アンテナと襟、胸ダクトのイエローは橙黄色、肩とスネのスラスターはコーラルオレンジ。
最近のキットの色指定は橙黄色単一になっていますが、昔の設定ではスラスター部はオレンジでアンテナ等のイエローと区別されてたような(Zガンダムも同様)。

フレームは無塗装でと書いたら逆に塗りたくなってきたので、クール系のMr.カラー335ミディアムシーグレーで塗装。グレーはもう一色(ガイアのニュートラルグレー3+パープル微量)を用意して足甲など塗り分け。足首のシリンダーのみ無塗装。
バックパックのバーニアはガイアのガンメタル。

スミ入れはエナメルのダークグレー(ほとんど黒)。
破損を避けるためパーツは完全にバラした状態で素早く作業。軟質フレームはノータッチ。

きちんと塗装までするとあらためてキットのバランスの良さに驚きますね。
特に、肩や腕部の装甲可動など必要以上に欲張ってない設計が奏功している印象です。

| RGガンダムMk-II | permalink | comments(2) | trackbacks(0)
RGガンダムMk-II その1
2本目に欲しいと思ってた0.5mmのブラシを購入したのでMk-IIを塗ろうかと。
R0024087.JPG
自分の作業を振り返ってみると、フリーハンドによる迷彩やグラデ塗装などよりは、圧倒的に単色ベタ塗りに費やしている時間が長いので、それならノズル口径が大きいほうが捗るんではなかろうかと。
ほかにもサフや金属色吹付けがスムーズ、カップ直付け式で洗浄が素早く行えるなど色々とメリットがありそう。

お題のMk-IIは手首交換した以外はストレート組みでいきます。
フレームは目立つパーティングラインは処理したのでツヤ消しコートで留めるつもり。
外装はゲート、ヒケ処理終えて洗浄完了。
| RGガンダムMk-II | permalink | comments(8) | trackbacks(0)
AX
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
WEB ALBUM
2012y01m01d_023942718.jpg
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE

モバイル
qrcode






SPONSORED LINKS