スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | permalink | - | -
R-GRAY1 その6 -撮影-
コトブキヤ 1/144 R-GRAY1

画像クリックでアルバムへ飛びます。

続きを読む >>
| R-GRAY1(RAYSTORM) | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
R-GRAY1 その5 -完成-
IMG_2763.jpg

オペレーション:レイストーム 発動!

| R-GRAY1(RAYSTORM) | permalink | comments(2) | trackbacks(0)
R-GRAY1 その4
スミ拭き取り職人の夜は長い。
R0023290.jpg
なんとか一気に終わらせた。
とにかくスジボリが多いので面倒になる直前に完了するペースで作業。


今回スピード優先で作っていて思うのは、キットの設計の妙に感心したり、色の選び方を考えたりするためだけに模型作るのもアリだなーということ。

あまりにあっけなく完成させすぎて不満が見つかるようなら次に活かす、というつもりでとっとと作っていったほうがいろんな意味で収穫が多い気が。

| R-GRAY1(RAYSTORM) | permalink | comments(2) | trackbacks(0)
R-GRAY1 その3
スミ入れ職人の朝は早い。

いつも通りエナメル系クリアカラー+スモークグレーでスミ入れ。

何度か書いてますがクリアカラーを使う理由は、モールドの深さで濃度が変わるので自然なのと、顔料系と違って混色による色の濁りが生じにくいため。
強調したい箇所(動翼部など)は顔料系でクッキリ、とか使い分けてメリハリつけると模型でござい!感が無くなって良いかも。


キャノピーの塗りも完了。

指定のクリアブルーからパープル寄りに調色。

ツヤ消し面へのスミ入れのにじみを避けるため全体に光沢で塗装してますが、光沢を保ちたいキャノピーは本体をフラットコートしたのち接着するので、枠の部分はあらかじめフラットベースを加えたライトグレーで塗ってあります。

| R-GRAY1(RAYSTORM) | permalink | comments(2) | trackbacks(0)
R-GRAY1 その2
うっかりガチで全塗装。


カラーレシピ
レッド1:UG11MSシャアレッド+GX3ハーマンレッド、ライトグレー微量
レッド2:GX3ハーマンレッド+GX1クールホワイト
ライトグレー:ガイア072ニュートラルグレー2
翼前部等グレー:軍艦色(2)
メカグレー:ネービーブルー
スラスター等:ガイア020ガンメタル


各部に散らばった白やグレーを先にエアブラシで塗り、マスキングゾルでマスキング後、本体色を吹き付け。

目立ったヒケは修正していますが、基本的にサフ無し。

土日でほぼ全パーツ塗装完了したので、あとはキャノピー枠や翼端灯などを仕上げてスミ入れの予定。
| R-GRAY1(RAYSTORM) | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
R-GRAY1 その1
コトブキヤ 1/144 R-GRAY1を組んでみました。


凄まじくシャープな造形と超絶ディテールで言う事ナシ...というか脱帽。
パーツ分割は細かいものの、接着剤無しで組み立て可能。
立体映えするデザインなので、実際に組んで眺めて初めて分かる良さがあります。
色分けもかなり細かいので部分塗装とスミ入れ程度でも十分かな。

原作「レイストーム」はゲームとしての完成度は言うまでもなく、キットのインストにある悲壮感漂う世界観設定も一読の価値アリ。
| R-GRAY1(RAYSTORM) | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
AX
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
WEB ALBUM
2012y01m01d_023942718.jpg
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE

モバイル
qrcode






SPONSORED LINKS