スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | permalink | - | -
HGUCザクマインレイヤー 撮影


ザクマインレイヤーをアルバムに追加しました。
フラットコート後、輪郭を少し強調する程度にウェザリングして自然光で撮影。
スタンドで浮かせて箱絵のような静謐な浮遊感(?)を狙ってみました。


JUGEMテーマ:プラモデル
| HGUCザクマインレイヤー | permalink | comments(1) | -
HGUCザクマインレイヤー 完成
(クリックで拡大)





バックパックのスクラッチは小さなユニットの集合体で結構骨が折れましたが、本体のプロポーション改修も含めて全体のフォルムは違和感なくまとまったかなと思います。
MGver.2.0などを踏まえて自分のHGUCザクの改修ポイントも明確になったという感じ。
撮影は自然光でやり直して後日アルバムも更新する予定です。

ところで、デカール貼りの作業中にシールドのデカールをマークソフターでチリチリにしてしまい、テープでデカールを剥がそうとしたところ粘着力が強すぎ下地のサフごとベリッと持って行かれてしまうというオソマツな二次被害が。
眉ひとつ動かさずペーパーがけ+サフ処理をしなおし、こんなときのために空き瓶にとっておいた色で無事リカバー出来ましたが、デカールだらけのカーモデルとかだとかなり神経使いそうだなぁ。
| HGUCザクマインレイヤー | permalink | comments(2) | -
HGUCザク 塗装完了
蛍光灯だとやたら膨張して写るので変な照明の画像ですが塗装は完了。

本体色は濃い緑がMr.カラー312番100%、薄い緑はそれに60〜70%くらい白を混ぜたもの。
バックパックのグレー2色はGカラー「ボールver.ka用」のグレー&ホワイト。
赤はモンザレッド。
関節色は単調さを避けるためグレー+ウッドブラウンとスモークグレーをオーバーコート。

あとはスミ入れとデカールを貼ったら完成。
| HGUCザクマインレイヤー | permalink | comments(0) | -
HGUCザク サフ吹き
サフ吹いたらスネ周辺などに傷が浮き出てきたので表面処理やり直しコースへ。

関節はウッドブラウン、つま先などはファントムグレー。
本体色のグリーンはまだ決めてません。

塗装で疲れたのか銃握り手の親指パーツを落としてしまい、足元のフタ開けたままのジャンクパーツの箱にダイブしたと思い込んで箱ひっくり返して小一時間探すも見つからず。
モデラーの部屋には妖怪「パーツ飛ばし」とか絶対居そうな気がする。

で、打ちひしがれて「ここは無いやろ」と思ってた、足元から少し離れたザクの余りパーツ入れてる箱とふと見ると

・・・あ、あった!!

脳裏に浮かんだ動画↓
| HGUCザクマインレイヤー | permalink | comments(0) | -
HGUCザク マシンガン
マインレイヤーは武器なしのイメージもあるけどザクマシンガン製作。

HGUCザクのマシンガン(下)はグリップがカクカクしていてなんか違うような。
フォアグリップも上下に長い板状のかたちのはずが丸棒に変わってるし。

ということで旧キット ハイザックのザクマシンガン改からグリップとマガジンとスコープを移植。
スコープは照準精度を高めたパーツに交換されてるって感じで。

1/144キットでは06R付属のザクマシンガンが一番元デザインに近いかな。
最初のMGザク付属のは両手持ちのために小さくなってたり、なぜかマガジンがオフセットされたアレンジがあったけどver.2.0でその辺は改善されていた。でもスコープとかグリップ周辺はだいぶMMP-78に近づけられていて、ドラム缶なみの空薬莢が降ってくる「あの野暮ったいザクマシンガン」じゃないような。
創刊第2号の電ホで最初のMGザクをアニメ版シャアザク風にした作例があって、1/72メカニック・ザクのマシンガンのストックやバレルを切り詰めたオーバースケール気味のを持たせていたんだけどそれが逆にカッコよかった。ザクは本体がシンプルなぶん装備品もかなりモノを言う要素だなと思った記憶が。
| HGUCザクマインレイヤー | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
HGUCザク 機雷
機雷は2mm径のプラパイプで自作。
両端にスジボリ入れるのが小さくて難しいので治具を作って固定して作業。


F型ということでスネにバーニアを増設。

パーツ裏のピンやダボをモーターツールで削って開口、バーニアを貼ったプラ板を裏側から貼る。
S型ほどパワーはない感じで。

スカート短くしたのもあって股関節軸が目立つのでWAVEのバーニアパーツ加工して隠す。


工作はこのぐらいで終えてサフ吹きと塗装に入ろうかな。
| HGUCザクマインレイヤー | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
HGUCザク 集光板

メッシュプレートを台形にカットして周囲のワクは0.3mmプラ板にて。
支柱はただの棒だと味気ないのでMG Zガンダムのランディングギアを加工して取り付け。

マインレイヤーは顔の右側のパイプが延長されてバックパック上面に伸びている設定ですが、デザイン的にあんまり好みじゃないので省略。
ちなみに去年古本で手に入れた古典「How To Build Gundam2」の作例(マインレイヤーの初立体化?)では左側のパイプは取り外されたように作られています。

| HGUCザクマインレイヤー | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
HGUCザク 燃料タンク
タンクのキャップやアンテナなどを追加。

タンクから伸びるパイプは見栄えを考えて取り回しを変更。
こないだの電ホのムックにMGザクマインレイヤーの作例があったのでデザインなど参考にしてます。
ダクトはルーバー内にもパーツを貼ってディテールアップ。
| HGUCザクマインレイヤー | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
レジン複製
タンクのキャップ部分は意外とピッタリの市販パーツなどが無いので複製。

バックパック全部スクラッチになったので、キットはそのまま後で素組みで作ろうかと。
こういうのを本末転倒というのかな?

ゼロ戦パーツの付いたモデグラ接触編は無事確保。
また積みが・・・
| HGUCザクマインレイヤー | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
HGUCザク 機雷散布ポッド スラスター
ガイドレールは真鍮線をラジオペンチでグイッと曲げて追加。
排出口両サイドのスラスターユニットもプラ板で作り直し。



グイッと角度調整ロール



スラスターユニットも可動のためポリ軸接続でええじゃないか
| HGUCザクマインレイヤー | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
AX
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
WEB ALBUM
2012y01m01d_023942718.jpg
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE

モバイル
qrcode






SPONSORED LINKS