スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | permalink | - | -
HGUC GM3 その1
脱線ついでにHGUC GM3を合体あそびでスレンダー化。


画像の色情報をカットしてプロポーション確認……違和感仕事放棄?!



カラー画像。


胴体(腰はGM3)と四肢はG30thですが、スカートを長めのGM改にするのがポイント。
足首はBクラパワードGM用。スネ後方の増加ユニットをつければ落ち着きそう。

ちなみにジョイントの加工は一切せず両面テープ等で貼り付けてるだけ。
これをヌーベルGM3化へのスタートラインとするのも良さげな気もいたします。
続きはいずれまた、ということで。

| GM系統 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
HGUC GM3
リリースされたばかりのGM3を早速組んでみましたよ。







G30th系のPCなので、これまでのGMに比べると関節周りが洗練されて、より自然なプロポーションに。
まとまりすぎていて特筆すべきことがないなぁ・・・成型色もかなり良いし。
一応ティターンズ版Mk2も調達したけど、わざわざ改造せんでもええような気が(笑)
| GM系統 | permalink | comments(3) | trackbacks(0)
B-CLUB パワードGM その2
本日は、おかげさまで病み上がりのおかしなテンションも全快し、天気も良かったので散歩がてら、ひさびさボー○スなどに行ってみました。

さすが改装後は広々したな〜と思いつつ、私はHi-νに用いるタンク(前エントリ参照)などを買うためにパーツの棚を見ていました。

すると、突如、直感がひらめき、私の目はある商品に釘付けに・・・。


その商品とは、コトブキヤから出ているプラユニット〜バーニアセット!(文字でかい)

まず簡単にご説明させていただきますと、市販のキャラクターモデルの改造やスクラッチビルドに大変便利な、プラ製の様々な形状サイズのバーニアノズルとインナーのセットの中から、ユーザー様の自由な発想で、お好みのチョイスが可能となっている、お得で嬉しい仕様の商品です!

少々長くなるので続きは以下に書きますが、忙しい方はわざわざ見ていただくほどの内容ではございませんので。念のため。
続きを読む >>
| GM系統 | permalink | comments(13) | trackbacks(0)
HGUC GM改

対岸のGM改。

とかいいつつ律儀に発売日にゲットし、パチ組まで終えてしまう。

頭頂高、アンテナまで含めて解釈してるのかF2とならぶとやはり身長低すぎに思える。
あと、サーベルのランナーあらへんと思ったら、もはやそんなものは付属していなかった。
| GM系統 | permalink | comments(8) | trackbacks(0)
B-CLUB パワードGM その1
パーツのチェック&洗浄を済ませたところ、猛烈に組みあがった所を見たい!という衝動に駆られ、軸打ちしながらムモモモモ・・・と仮組み。


このキットはセンチネルGMに基づく体型なので、足首は小さめ、胴や腿もスリム。
対照的に膝やバックパック等、増加パーツのボリュームが目をひく。



腰の前後が長いためか、リアビューの不安定感はない。
フクラハギと足首の間のクビレがとてもイイ。

ちなみにバックパックはムクなので重い。
転倒しないよう重心位置に注意して組んだ方が良さそう。
メインノズルは精度がいまいちなので流用パーツ探すか。



どうみても文句のつけようがないGM顔。
MGのGM改やHGUCパワードに比べてアゴが細いのと頬のダクトの位置が違うのがわかる。

鎖骨の増加ダクトは前面のインテイクの幅を保ったままバックパックに向かっている。
GM系は襟や袖口、ウエスト、足首あたりがタイトに締まっていた方が「制服」っぽくてそれらしいと思う。

プロポーションは良いとして、結構段差やうねりがあるので修正に手を焼きそうだな(しかし、その口元には笑みが)。
まずはF2を完成させてからね。
| GM系統 | permalink | comments(3) | trackbacks(0)
B-CLUB パワードGM

B-CLUB 1/144 パワードGMげっと。
最近のものに比べるとパーツ分割や精度もイイ感じにユルく、味のあるキットなのでマッタリ作るとするか。

待望のHGUC GM改 発売決定で、数年越しのレジンパーツがようやく日の目を見そうな、いまさら見んでもエエような・・・。
| GM系統 | permalink | comments(3) | trackbacks(0)
あけました
無観測聴音潜行状態のまま2009年に突入。あけまして Stay Underground!

昨年は多数のご訪問、コメント頂きましてありがとうございました。
今年も "Hard Models From A Hard Blog" のスローガンを掲げつつ、ガンプラはいまだ中途半端なあれこれを仕上げていく一方、スケール物も(考証ゼロ・素組みで)がんばっていきたいなぁと思っています。

画像が無いのもあれなので6年くらい前に作ったHGUC GMをアルバムに追加(クリックして、早く!)。



手を加えた箇所は、シールドの十字をオミット、腰サイドアーマーのスジ彫りやバックパックや右腕のハードポイントを埋め、襟の内側(首の白い部分)表面も一体感を出すために削ってスジ彫りを入れなおしたくらいか。頭部の合わせ目消し後、耳のモールドをいかに綺麗に彫りなおせるかに技量が問われるキット。

カラーは確かオレンジ+蛍光ピンク+白とグレー+マホガニーの暖色グレーで塗り分けたような記憶が。


模型誌にはMG GMもver.2.0で出るとの情報が。
どうでもいい事だけど「2.0」という表現が世間ではすでに時代を感じるワードになってるのに対して、ガンプラ世界では2009年もまだまだ流行語大賞といった位相のゆるやかな変調が最近ちょっとおもしろく感じる。
| GM系統 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
寒中見舞い


寒さにかこつけて寒冷地仕様GMをアルバムに追加。
発売当時に作った素組み。

盾に旧1/100リックディアス付属のデカールなど貼ってないよ。


JUGEMテーマ:プラモデル


| GM系統 | permalink | comments(0) | -
HGUC ガンキャノン量産型


ザク完成までのつなぎにだいぶ前に作ったガンキャノン量産型を引っ張り出す。
昔の0080のシリーズにラインナップされてなくてHGUCでやっとキット化された奴。
色はゲーム版ではなくGMコマンドのコロニー仕様をイメージしてます。



頭部は額のかたちを好みで少し変更、GMカスタム等のチャームポイントである下マブタを追加。カメラは包装用のフィルム。アンテナは伸ばしランナー。

胴が少し短いので腹は1mm延長、モモは接着面で1mm幅増し。
スネの下側の裾はプラモデルっぽいエッジをパテで修正。
足首にはシリンダー追加。
左手の握り手はキットのパーツを加工。



キャノンは上側のシャフトをアルミパイプに置き換え。
各部バーニアも市販パーツに交換。
肩やバックパックや出渕穴は開口し肩は裏側からプラ板で塞ぐ。
穴を開けるときはいきなり大きいドリルでやらずに1mmくらいから広げたほうが無難。

武器は設定無視でALEXのビームライフルを持たせる。
FAMASっぽい銃器はALEXよりもこいつの方が絶対似合うと思う。

マイナーMSは好き勝手に作れて楽しいですね。
| GM系統 | permalink | comments(0) | -
HGUC パワードジム


アルバムに昨年に作ったパワードGMを追加しました。

発売日に喜び勇んで手に入れたものの、かなり自分のイメージとキットの出来がかけ離れていたため納得いくまで徹底改造。製作期間3ヵ月くらい。
プロポーションは基本的にはHGUC用に描かれた設定画に準拠。

↓↓↓製作記事↓↓↓
続きを読む >>
| GM系統 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
AX
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
WEB ALBUM
2012y01m01d_023942718.jpg
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE

モバイル
qrcode






SPONSORED LINKS